TOP

2016年のリリース以降、
今だに毎月のように大手女性雑誌に特集の嵐、
ヘアメイクアップアーティスト達まで虜にし
大絶賛される米国産コスメブランドが話題に。

アメリカ発の医療用浸透技術をコスメに展開した
b-glen(ビーグレン)は、女性スキンケアに対し
”8つの商品”を肌の悩み別に提供しているのだ。

ただし、その8つの商品展開がウリではない。
日常のスキンケアの中でもベースメントとなる
「洗顔」「基礎化粧水」「美容液」に関して、
独自研究成果による技術で一つ頭が抜けている。

Cross Talk
ー Brian C.Keller × 森 理世

1.ミスユニバースも驚き!本当の『洗顔』の真実

日本人史上2人目として、輝かしい受賞
ミスユニバース2007「森理世」さんも、
肌トラブルに多く悩まされたんだとか。

彼女の場合、特にニキビ跡に関して
b-glen最高開発責任者のケラー教授との対談で、
スキンケアのベースとも言える洗顔に関して、
今まで信じてた大きな誤解に気づかされました。


「20代半ば以降、肌が環境の変化に非常にセンシティブに」
「心がけるのは、フワフワの泡を使い優しく洗う泡洗顔です」

Dr
「泡洗顔を進める人は多いけれど、注意が必要だよ」
「汚れを落とすことと、泡の量や大きさは関係ないんだ」
「毛穴の直径は0.2mm程、どんなに細かい泡でも
 毛穴の奥まで入り込むことは不可能なんだよ。」
「汚れを落とせずに、潤いだけ奪ってしまう。」


「え。。。本当にショックです。。。」
「潤いを残して汚れをしっかり取ることは出来るんですか?」

この森さんからの質問に対して、
b-glenが提供する「モンモリロナイト」というクレイだと、
ブライアンケラー教授は答えます。

Dr
「クレイを使うことで可能。クレイは汚れが大好物なんだ。」
「毛穴の中に入り込むと、汚れを吸着する性質がある。」
「だから潤いは残しながら、原因を取り除けるんだよ。」

CLAY MAGIC ! ー 泥は ” 汚肌(おはだ)”を救う

 クレイによる洗顔の歴史は、実はクレオパトラの時代から
女性の肌をキレイにする天然成分として利用されていたモノ。
 通常時はもちろん、肌トラブルの際には敏感肌状態のため、
刺激になることを避け、慌てずに肌をいたわる。
基本と言える「洗顔」を見直す必要があるとのこと。

b-glen洗顔用コスメのクレイウォッシュの主成分として
含まれている「モンモリロナイト」の成分は
毛穴の直径の約2,000分の1の大きさ!

もちろん、モンモリロナイトだけではありません。
ありがちな洗顔による潤いの喪失を
「スクラワン」「グリチルリチン酸ジカリウム」等、
その成分の小ささを生かした効能成分がクレイにたっぷり。

2. 朝起きてから寝るまで疲れを知らない肌に

クレイウォッシュによって理想的な洗顔後の肌になったら、
そのパスを受けるのは『Qusomeローション』

スキンケア成分の通り道となる「角層」内の状態によって
スキンケアの効果が左右されることにb-glenは着目。

美容液のように濃厚な成分が角層内の奥深くまで浸透し、
角層のコンディションを整えます。

同時に浸透した成分は、角層内にしっかりステイして
さまざまなエイジングサインにアプローチ。
肌本来のバリア機能を備えた、なめらかな肌へ。

3. あらゆるサインに素早い手応え。肌力を呼び覚ますビタミンC美容液

そして3ケアの中で欠かせないのが、『Cセラム』。
b-glenと言うブランドが始まったのは、
この『Cセラム』の開発からなんです。
実際に大手雑誌等でも継続的に掲載されています。

開いたユル毛穴をキュッと引き締め毛穴レスへ導くのに、
必要なコラーゲン生成を誘導してくれるビタミンC。

b-glenは独自開発の「Qusome」技術により、
スキンケアに欠かせないが、コスメへの配合が難しかった
即効性のあるピュア状態のビタミンCを高濃度配合に成功。

ピュアビタミンCは
「シミ」「しわ」「たるみ」「ニキビ」「毛穴」「くすみ」等
肌トラブルの原因に働きかける万能成分です。
コラーゲンの生成を促し、内側からのハリをもたらすことで、弾力のある若々しい肌へと導きます。

また、ピュアビタミンCは肌の万能薬で
①メラニン色素の沈着を抑制する働き
②ターンオーバーを正常化させる働き
③皮脂のバランスを整える働き(ニキビ予防)
等にもケアとして効果的です。